湯布院、九州小旅行に完全予約制のレストラン、ステムグラストレー(Stemglass Tray)販売|ギャラリーKAN

蜜柑畑の中にある予約だけの小さなレストラン「ギャラリーKAN」石窯に火を入れ、お待ちしております。
トップページレストランステムグラストレーショップKAN日記アクセス

KAN日記

お便りお待ちしています。
お問い合わせフォームをお使い下さい。

“梅雨の合間“

2019.7.15




遅くスタートした梅雨もそろそろ明けそうな気配がしてきました
庭ではクマゼミがワシワシと元気に鳴いています

とは言え、カンカン照りのお日様に会えるのはもう少し先のようですね

そんな、梅雨の合間の景色です

この雲、“龍”に見えたのですが・・・・でもそう思った後に“トナカイ?”とも・・・

そしてこの雲は“カメ!”


皆さんには、どう見えますでしょうか

たまの晴れ間が嬉しくて、雲を見てはしゃぐ私を
庭のカニが笑います

庭の手水鉢で遊ぶアカテガニ
手水鉢の中ではボウフラ対策に入れたメダカが、どんどん増えて行きます
大中小、極小とサイズ様々、めだかの学校は大忙しのようです。

弘子

 

“くにさきOYSTER・見学“

2019.6.18


くにさきOYSTER

ここ、大分県の北部にある古い仏教文化遺跡の残る国東(くにさき)半島は、
豊後水道に面した小さな入り江が多々あり、自然豊かな森の栄養が
それぞれの入り江に注がれている

そして、空港に近いこの入り江は、農機で知られているヤンマーの牡蠣の養殖場
その名も『くにさきOYSTER』

豊かな森の栄養と綺麗な海で、とっぷりと育った牡蠣は
従業員一人一人が安全性に重点を置き
牡蠣好きにはタマラナイ逸品を全国へ届ける

夏場の牡蠣はシカメガキ
是非、九州へお出かけ頂き、国東半島の散策と
くにさきOYSTERをご賞味ください。

【くにさきOYSTER】
https://www.kunisakioyster.com/ja/article/detail.cgi?id=97
【国東半島のご案内】
https://www.kunisaki-journey.com/

完造

 

“友の野菜、遠方より届く“

2019.5.30


友の野菜

先日、ニュースで大分と埼玉が真夏日と報じられ
今年も異常気象かと思っていると
「真夏日おめでとうございます。埼玉なんかに負けるな」
と、千葉の館山より粋なメッセージと彼の育てた野菜が届いた

会社経営の彼が、多忙な時間を割いて
努力し、工夫し、菜園で育てた野菜は、毎回お見事!
味もしっかりあるし、しかも瑞々しさが長続きする

肥沃な菜園をコツコツと造り、お日様の力をかりて
じっくり育てると、こんなに違う野菜になるのかと
毎回彼に敬服する

この先、エルニーニョになろうが、異常気象が通常気象になろうが
コツコツと菜園に向かうであろう彼に
ささやかながら、この地より感謝のエールを送る


完造

 

“Wild Strawberries“

2019.5.19


Wild Strawberries

近くで採れた「野いちご」です。
雨の季節の前、爽やかな初夏の恵み

子供の頃に野原の物を採る習慣がなかった私は
ついつい見落としてしまうけれど
完造さんは、しっかり見つけて採ってきてくれる

ちっちゃくって、可愛くて、美味しくて
ふと、野いちごって英語でなんて言うのだろう?
と、二人・???
今は便利で早速スマホに尋ねてみたら

WILD STRAWBERRIES!!

見た目によらず、たくましそうな名前でした

早々に美味しいジャムになりました
味見は先着順💛
お早めにお出かけください

ブランコもお待ちしています


ブランコ

弘子

 

“花便り・藤“

2019.4.8


KANの庭

昨夜、夜中に降った雨をしっかり吸って
藤の花の房は伸び、花も藤色が濃くなって来ました。

長い房では30㎝ほどあります。。

私がの子供の頃、実家にも藤棚があり、丁度家庭訪問の頃
サツキと一緒に満開で、その花目当てに担任を離れても私が卒業しても
ずっと訪ねて来てくださった先生がいらっしゃいました。

藤の花を見ると、遠く懐かしい日々を思い出します。

KANの庭の藤ノ木は、棚仕立てでなく、“藤娘”のようです。

お花見にお出かけくださいませ。。



弘子

 

“春のお便り・花便り“

2019.4.3


KANの庭

花冷えの日が続き、去年とほぼ同時期にぼたんは満開です。
藤の花も、どんどん伸びてきました。
皆様、どうぞお花見にお出かけくださいませ。

KANの丘の「ホケチビ」君は、ホケキョのキョ、カ行が苦手なようで
「ホケキョ」が「ホケチョ」になり、最近は「ホケチビチョ♪」と鳴いています。

ウグイスの方言だよ、と完造さんは言いますが・・
鳴き声が何とも可愛く、彼に良き伴侶がみつかりますように!
と、心から応援しています。



藤

今日の牡丹と藤の蕾です!

弘子

 

“春のお便り“

2019.3.25


新緑の楠


初夏のような気温だったり、また冬に戻ったり
伊達の薄着では風邪をひいてしまいそうです
皆様、お変わりございませんか

新緑は5月のイメージがありましたが、楠の葉はどんどんと新旧入れ替わり
新緑が冷たい風に輝いています

ただ、ここまで、完造さんが朝夕毎日落ち葉の掃除
掃き集められた落ち葉で、ふかふかの絨毯が出来上がりました

昨年は4月4日には満開だった牡丹ももう直ぐ開きそうですし
藤の蕾も日に日に伸びて、いつ満開を迎えるのだろうとワクワクします

KANの丘のウグイスは、今日も元気に『ホケチビ!』と鳴いています

どうぞ、お花見にお出かけくださいませ
ホケチビ君と一緒にお待ちしております
牡丹

藤

今日の牡丹と藤の蕾です!

弘子

 

“早春の便り2・諫早の桃カステラ“

2019.3.4


桃カステラ


“おひな祭り”・・“桃の節句”の桃はお花の桃だと思っていましたら

諫早のお内裏様から、“桃のカステラ”が届きました。

長崎では初節句のお祝いの返礼品として使われていたそうです。

ふわふわのカステラの上に、甘~く白い砂糖菓子が赤ちゃんのお肌の様

早速珈琲を淹れて二人でおひな祭り

楽しいひな祭りとなりました。


弘子

 

“早春の便り“

2019.2.14


コノシロ寿司


立春が過ぎ、北はまだまだ雪だというが、各地から早春の山海の幸の知らせを聞く。

そんな中、今が旬だと言う京都、久美浜のこのしろ寿司が届いた。

コノシロを背割りにし、塩と酢で〆、腹には酢で〆た卯花を詰めてある
一口頬張ると、甘さと言い、酸味と言い、食感と言い、これは旨い!

徳川家に献上したとの記録もあるが、久美浜の城主だった細川氏が
1600年に九州熊本へ移封し、
城下に伝わったとのことで、腹に酢飯の入ったコノシロ寿司が熊本には存在する。

狭いようで食文化の広い日本。
まだまだ知らない食が多々あるようです。

この日記を見ていただいている全国各地の皆様
各地に存在する民族食を是非ご紹介ください。

お便りを楽しみにお待ち致しております。

完造

 

“謹賀新年“

2019.1.1


新年あけましておめでとうございます。


新年あけましておめでとうございます。

今年も元気に窯に火を入れ、皆様のお越しをお待ちしております。
本年もよろしくお願い申し上げます。

完造・弘子

 

“メリークリスマス“

2018.12.24


リース


今年もお世話になりました
皆様のご愛顧に、心より御礼申し上げます

皆様、お身体に気を付けて、よいお年をお迎えください
来年もどうぞ、よろしくお願い申し上げます



完造・弘子

 

“キャッシュレス時代“

2018.12.5


釣銭籠


北九州市小倉北区に知る人ぞ知る木町市場の『中村商店』と言う
戦後から鮭と辛子明太子を扱う店がある

久し振りに伺うと、女将から『これいらない?』 と、
あめ色に使い込まれた竹籠を差し出された
・・・・聞けば釣銭籠だと言う

そう言えば子供の頃、どこの店にも天井からゴム紐で釣銭籠が下がっていた
 
やがて釣銭籠はレジスターからカードとなり
今やスマホのキャッシュレス時代の遙かなる遺物となった 

あめ色に使い込まれた竹籠は、お客さんと商品を大事にしてきた 
戦後数十年の『中村商店』の暖簾を醸し出している

時は移るが、これからもお元気で
美味しい鮭と明太を食べさせてくださいと、願って店を後にした 



完造

 

“石窯ローストビーフ“

2018.11.3


石窯ローストビーフ


石窯ローストビーフを焼きました
季節のソースとともにどうぞ!

ゆるりと時間をとられてお出かけください。

窯に火を入れお待ちしております。 

完造・弘子

 

“藤ノ木 土平展のお知らせ“

2018.9.26


藤ノ木土平展


“藤ノ木土平”さんは、2年にいちど
由布院「亀の井別荘」内の『雪安居』で、紅葉の綺麗な時期に合わせて個展をなさいます。
今年はその第11回目
私は第二回からお邪魔していますが、いつも心躍る良い時間を頂いています。

是非皆様この機会に、九州へ、大分へ、そして“ギャラリーKAN”へも
お出かけくださいませ

窯に火を入れお待ちしております。 

弘子

 

“台風“

2018.9.4


別府湾で避難するフェリー

台風が近づくと、いつも船が別府湾に避難してくる
KANの目の前にも一艘、別府湾を見渡してざっと10艘はいるようだ

今回の台風では、別府湾は穏やかなままでしたが、
台風が通過した地区には多大な被害を残している

もうこれ以上の被害が出ないことを切に願うばかりです。 

弘子

 

“槇 冬菫 書と篆刻展のお知らせ“

2018.7.27


槇冬菫 書と篆刻展


槇 冬菫 書と篆刻展 ことばのかたち Ⅲ

8月1日(水)~7日(火)10:30~19:30〈最終日5時終了〉
伊勢丹浦和店 7階=プチギャラリー



私たちの印をいつもお願いしています、槇 冬菫さん
昨年に続き、「ことばのかたち Ⅲ」
今年も、伊勢丹浦和店にて個展を開かれます。

皆様、是非、お出かけくださいませ。  

弘子

 

“猛暑お見舞い申し上げます“

2018.7.18


KANの畑で採れたトウモロコシ

KANの丘の今
庭中でツクツクボウシの大合唱
これは梅雨時期からずっと続いています

元々ここでは夏のいの一番にツクツクボウシが鳴いていました
ただ短い期間で、盛夏の間はお休み、お盆頃にまた再び鳴き始める
のだけれど、今年はずっと鳴き続け、だんだん数がふえている・・・・

それからウグイス・・鳴くのはオスなので“彼”と呼んでます

ウグイスは春の鳴き始めはなかなか上手に鳴けませんよね
で、“彼”は春に「ホーホケチビ♪」と鳴いていました

いつ上手になるのかなぁと思っていたのですが
“彼”は今も元気いっぱい「ホーホケチビ♪・ホーホケチビ♪」
自信を持って「ホーホケチビ♪」と鳴いています


KANの丘の住人は皆少しおかしくなるのかな? と思ったりもするのですが
今年初めて植えたトウモロコシは 、まぁなんと立派で美味しいこと!!
野菜作りにもビギナーズラックがある?

そんなこんな、なKANの丘です。

暑い暑い7月、皆様くれぐれもお身体ご自愛くださいませ。  

弘子

 

“豪雨お見舞い申し上げます。”

2018.7.11


この度の豪雨で被害にあわれた皆様に心よりお見舞い申し上げます。

日本各地に様々な被害が出ており、大規模な浸水被害には
言葉を失う状況です。

被害がこれ以上拡大することなく、一日も早い復旧が進むことを
お祈り申し上げます。
無論、お祈りするだけではなく、私共でも具体的にご協力出来る事を
考えて参ります。

文末になりますが、私共へも、ホームページをはじめ、様々な形で
多くのご心配の声、お見舞いのお便りを頂戴致しました。
心より感謝申し上げます。

当方に被害はございませんでした。
ありがとうございました。
 

ギャラリーKAN
林 完造

 

“新宿京王プラザホテルにて”

2018.6.24


新宿京王プラザホテルにて

『ステムグラストレーを導入後、パーティーでグラスを落としたり
衣装を汚すなどの事故が全くなくなりました』

とのお話を頂き、
こう言ったお声を聞く度に

「ステムグラストレーを作って良かった!」
と嬉しく思います。

これからも、ステムグラストレーが
益々皆様のお役に立てる事を、願っています。
 

完造

 

“ユスラウメ”

2018.6.12


ユスラウメ

これは、見た目も味も小さなサクランボのような、ユスラウメ(山桜桃梅)
色はこのまま、綺麗でスッキリとした甘さの美味しいジャムになりました。

焼きたてミニパンと一緒にお出ししてます♪

季節のもので、量に限りがありますので
お好きな方は、お早めにお出かけくださいませ!

 

  弘子

 

“お接待”

2018.5.8


我が家のお弘法様

大分県内各地に古くから伝わる風習に『お接待』がある

弘法大師空海が入寂した承和2(835)3月21日を縁日として
その偉業をたたえ、平和と繁栄を願う祭りで
縁側に弘法大師像を飾り、お参りに来られた方にお菓子等を振る舞う行事

この地区でも毎年旧暦の3月21日に
弘法大師像(お弘法様・・おこぼうさま) を有している家は
縁側に飾り、お菓子を用意してお参りの方を待つ
今年はゴールデンウイーク最終日5月6日がその日に当たった

ハロウィンの様だけれど、違うところが一つ
年齢性別を問わず、老若男女皆が楽しそうに家々をお参りして回り、
お菓子を集めて回るところ
親子3代揃って、という組も珍しくない

私達も、この日は一日のんびりと縁側でお参りの方を待ちながら過ごした
こんな時間が貰えるのも、お弘法様のお蔭と感謝


来年は、皆様も是非お出掛けください。  

  弘子

 

“牡丹満開”

2018.4.4


庭の牡丹の花

寒い寒い!と震えた冬がやっと過ぎたと思ったら
春は駆け足で駆け抜け、初夏がやって来た

例年より20日程早く、しかも一気に咲き誇っている

この牡丹、完造さんの曾祖母が植えたもの
80歳はゆうに超え、今尚この元気!!

人も今や100歳をどう元気に生きるか、の時代
『還暦なんて若輩もいいとこ、まだまだ頑張りなさい!』
と、まだ少し冷たい風が肩をたたいた

 

  弘子

 

“年が明けて”

2018.1.15


ポルトガルのカタプラー鍋

暮れに頼んでいたポルトガルのカタプラー鍋が、やっと届いた

このカタプラー鍋、銅製品で熱伝導がよく、密閉蓋が在るのが特徴で
瞬時に香りの良い蒸し料理が出来上がる

さっそく、トマトとニンニクとワインの効いた魚貝の蒸し鍋を作る
今年はこれで楽しんで頂けそうだ

 
本年もよろしくお願い致します。

  完造・弘子

 

“ステムグラストレー”

2017.2.4


神姫バスツアーズの特別仕様バス『ゆいプリマ』でステムグラストレーが採用されました

これまで多くのホテル・結婚式場・レストラン等で
採用して頂いて参りました、ステムグラストレーですが
この度「ななつ星in九州」を手掛けた『水戸岡鋭治』氏デザインの
神姫バスツアーズの特別仕様バス『ゆいプリマ』でお使い頂けることになりました

車内でのサービスも、ステムグラストレーなら、きっとお役に立てる!!
たいへん光栄な事と嬉しく思っております

今後とも、ステムグラストレーをよろしくお願い申し上げます

『いまだかつてないバス旅』 神姫バスツアーズ株式会社
旅が心を結ぶ“ゆい”
http://www.shinkibus.com/yui/ 

完造

 

お問い合わせや御予約は下記にご連絡ください。
ギャラリーKAN (完全予約制)
TEL:0977-73-2400
大分県速見郡日出町大神4012-4

↑ページトップへ戻る

 
ギャラリーKAN
大分県速見郡日出町大神4012-4
TEL:0977-73-2400

ご紹介

ステムグラストレーの製作をお願いしている
うるし工芸“藤”

長崎県諫早市の花屋さんです
フラワーショップよしの

ギャラリーKANに一番近いお宿です
Casa del viento
(カサデルビエント)